カテゴリ:バイオリン( 304 )

バイオリン勉強会
昨日はバイオリン発表会・・・の代りで、いつものスタイルの発表会をやめ、勉強会みたいな形の発表会になりました。
夜の部でアルコール付きです。

プログラム無し、弾きたい人順 みたいな感じです。飛び入り曲あり、プロの奏者の参加ありで、バラエティに富んだ会でした。先生はデュオのお相手で大変です。
ピアノ伴奏とは、前合わせなしのぶっつけ本番です。ピアノの先生は慣れていらっしゃるので、合わせてくださいます。

かあちゃんは、モシュコフスキーの「2vnとピアノ・組曲」と、スヴェンセンの「ロマンス」を弾きました。
反省点たくさんあり。ーー;
人前で完璧に弾くのって、あ˝~ぁ 難しい~。

先生はどんなにダメな演奏をしても、良かったですよと褒めてくださいます。笑

1年に一回しかお会いできない人もいたりで、和気藹々な感じでした。
差し入れに きのこのキッシュを2台作って持って行きました。






[PR]
by miko_rinn | 2017-12-06 09:35 | バイオリン | Comments(2)

団内カルテットの組み合わせ

毎年3月にやっている『団内演奏会』(=カルテット発表会)。
一昨日 組み合わせの抽選をして組むメンバーが決まりました。
ヴァイオリンの相方とは組むのは初めてです。
10何年いても中々縁がなく、未だ組んだことのない人が数名います。

メンバーになった人とは「宜しく~」とご挨拶、又は休んでいた人にも全員メールで。
曲決めは大抵 ヴァイオリン二人に任されます。
なので自分が弾ける曲にするに決まってますが。笑
youtubeであれこれカルテット曲を探し回り、ひとつ綺麗な曲(プッチーニ作曲)を見つけました。これ、いいな~♪ 
Net無料楽譜に載っているし。←これが条件にもなってます。(楽譜高い)

もう一人のバイオリンの人にも曲を選んで頂きます。合わせて20分の時間制限です。
チェロとヴィオラの人には曲が決まったらお知らせすることになります。




マンションは一戸建てに比べたら暖かいとは言え、夜はやはり寒いです。床暖は入れますが足の甲とか足首が寒いのです。(ソックス履けと?)
ゆきちゃんの寝袋(お誕生日に頂いた)はペットヒーターの上に常駐ですが、床暖の上に置いて、今そこに足をちょっとお邪魔させてもらうと、ソックス履くよりも暖かいわっと今日発見でした。
ゆきちゃんも一緒に入っていたけれど、今 別のベッドに行ってしまいました。







[PR]
by miko_rinn | 2017-11-26 22:12 | バイオリン | Comments(2)

カルテット
月一のカルテットの日でした。
今年は、来月も入れれば、11回出来たことになります。(10月だけ事情でキャンセル)
あぁ、一年が終わりそう!!!

覚書:
ドヴォルジャーク Op.51 No.10 1,2,3楽章


縦がを合わせるのが結構難しかったです。
特にスローテンポ(Andante)の方が夫々の速さが微妙に違ってしまって合わなくなります。数えることに集中すると音楽として歌えなくなってしまう。
でも楽しいですよ、合奏って。


来月は速くて難しい4楽章です。




[PR]
by miko_rinn | 2017-11-21 23:24 | バイオリン | Comments(4)

普通な一日
今日はお天気が悪くて、昼間でも暗くて電気を付けなければいけないくらいでしたね。

ここ(pc前)でよくYouTubeで曲を探している時間が多いです。今や大抵の曲は有って、便利に活用出来ます。



そこにゆきちゃんが「だっこ~~」って前足でちょいちょいして甘えに来ます。

かあちゃんは膝を立てているところ。

d0006467_20084916.jpg



定演が済んだら全て新しい曲になりますので、新曲の音源を仕入れるためにあれこれ探します。年内は来年の定演と関係ない新曲を、今は7曲用意してくれていて弾いています。

来年からは次の定演曲を決めて進めて行きます。
指揮者が後一年で「引退」を申し出ていますので、その先はどうするのかな~ぁ。

先輩たちがなんとかしてくれると思います。^m^


[PR]
by miko_rinn | 2017-11-18 20:35 | バイオリン | Comments(2)

こんばんは~
あ~、ちょっとサボり過ぎましたかね。
ゆきちゃん、元気です。



d0006467_21563588.jpg



楽団のほうは、来年の定演に向けて、いくらかの改良は取り入れられますが、大体は今まで通り。
やたら試奏が多くてくたびれ損だったのをやめて、「選曲委員会」を発足。少しは楽になるのは良いことだわ♪


今読んでいる本、「ストラディヴァリウス」という本。
ここで初めて分かったことがありました。

ストラディヴァリ=ヴァイオリン製作者(人間を指す)。
ストラディヴァリウス=ストラディヴァリが作ったヴァイオリンのこと。

ストラディヴァリとは単にストラディヴァリウスを簡略した呼び方だと思っていました。人と楽器との違いです。楽器の方は、ラテン語表記で~ウスとなるようです。
知らなくても過ごせて来た! 笑

他の有名な超高価なヴァイオリンは、ニコロ・アマティ(ストラディヴァリの師匠)、グァルネリ・デル・ジュス、ガダニーニ 等。みんな億が付きますね。
楽器商が値を吊り上げたり、オークションで買い手がいて吊り上がったり。
日本にはかなりの数のストラディヴァリウスがあるのですよ。バブルの頃に結構買い込んだらしいです。

使わないと劣化しますから、プロの一流ソリストに期限付きで貸与しています。外国人のソリストにも貸与されています。
期限付きだとソリストを何人も回ることになります。永久貸与の場合もあります。
縁のないお話しですね。









[PR]
by miko_rinn | 2017-11-09 22:35 | バイオリン | Comments(3)

幹事会

定演も終わり、早くも来年をどうするかの幹事会会議がありました。(かぁちゃんは楽譜係なのに)

といっても継続することは変わりなく、指揮者の疲労、選曲をどうするか(試奏曲多すぎの反省)、ヴァイオリンのパートとプルトの決め方、事務局交替、次のホールについて・・などなど。
永いこと恒久恒例的に進めてきた団の色々を、年齢も考慮して変化の時期が来ているようです。

この団の良いところは、誰でもウェルカムなこと、仲が良いこと、意見が違っても決して悪い関係にならない、でしょうか。

(合わないのは)ヴァイオリンがが急ぐからでしょ、いやいやチェロが遅いのよ、、、なんて言い合っても笑っていられます。



今のゆきちゃんです。静かなのでどこにいるのかな~って毛布をめくってみたら、いました。
d0006467_23140963.jpg





[PR]
by miko_rinn | 2017-10-26 23:12 | バイオリン | Comments(2)

演奏会鑑賞
台風が近づいていて、今日は一日雨ですが、八王子の新しいコンサートホール「オリンパスホール八王子」で 「TAMA21交響楽団」の演奏を聴いてきました。
総勢何名なのか、菅、木管、ハープ、打楽器とFULLの大編成です。
ヴァイオリンだけでも25名くらい。
チケットは、このようなアマチュアの演奏会です1000円以下ということが多いですが、楽団員割り当てというか、出費はメンバー持ちの場合が多多で、今回もチケットは頂きました。


プログラム//
ディーリアス:
  歌劇 村のロミオとジュリエットより間奏曲『楽園への道』
ビュッシー:交響詩「海」管弦楽のための3つの交響的素描
 休憩
エルガー:交響曲第一番変イ長調作品55(55分)


エルガーは長いです。指揮者は疲れるかな。
大人数ゆえの迫力もありますし、小さな音でも綺麗なモスキート音(Vn)で、実に美しくハモっていました。(いい気持ちで眠くなります。)



d0006467_17384823.jpg
ソファの背もたれの上によじ登るのが好きなゆきちゃんです。
寝ぼけて落ちたことはまだありません。









[PR]
by miko_rinn | 2017-10-22 17:58 | バイオリン | Comments(2)

エベーヌ弦楽四重奏団
今日はカルテット鑑賞でした。都心に行かなくても聴ける近隣のホールでしたので、なんとラクな。
1999年に結成されたフランスの4人組、『エベーヌ弦楽四重奏団』。受賞歴もあり 国際的に高い評価を得ているグループで、まだ30代かも知れません。
*エベーヌは「黒檀」の意味。楽器に多用されているからとのこと。

回の日本公演では、ヴィオラ奏者が両手が腱炎で演奏できず来日していません。代わりに若い女性のヴィオリストが助っ人で弾いています。3歳からヴィオラを弾いているそうで、全く引けを取らない素晴らしい方です。

d0006467_18244212.jpg

プログラム
モーツァルト :弦楽四重奏曲 第15番 ニ短調 K.421
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲 第11番 ヘ短調「セリオーソ」Op.95
チャールズ・ミンガズ:フォーバス知事の寓話 
セロニアス・モンク:ラウンド・ミッドナイト
ヴィクター・ヤング:星影のステラ
ブラッド・メルドー:報われぬ思い
アンコール=ピアソラ:リベルタンゴ



モーツァルト、ベートーベン以外は、珍しくジャズですが、男性3人ともジャズも専門としています。

pp(弱音)でも非常に綺麗にハモっていて、美しい~、いいな~って感じます。
セリオーソは我が楽団でも弾きましたがとても難しく、メリハリのある素晴らしい演奏でした。
ジャズはジャズで、うっとり、sleeping musicとしてに聴きたい曲ですね。

とても良い席でしたが、一番前の中心に座高の高い男性が座っていて・・・。2ndVnかヴィオラかどちらかしか見えない。居眠りしてくれないかな~?なんて思いました。

ともあれ、演奏は大満足。
カルテットの勉強にもなりました。







[PR]
by miko_rinn | 2017-10-15 18:25 | バイオリン | Comments(2)

定演
昨日は定期演奏会、本番でした。

第52回、創立52年めの定演です。
お客様も高齢の方が多いのです。毎年足を運んでくださって、楽しんでいただけることは有難いことです。

今年の演奏曲は、クリスチャンバッハ、モーツァルト、レスピーギ、グリーグ、早川(日本の四季)、シュトラウス とバラエティに富んでいました。
最後にシュトラウスの速い曲を弾き、盛り上げるのは好評のようです。

一昨日 夜がゲネプロでしたので、本番はマチネですので、リハが午前中、連日練習でとても疲れました。
楽譜を見つめ続けている所為と疲れでか、目が充血している人が多いみたいでした。笑

新宿で中華のお夕飯をして、帰宅後は早く寝ました。




今日のゆきちゃん
d0006467_13391596.jpg









[PR]
by miko_rinn | 2017-10-10 13:44 | バイオリン | Comments(4)

美しい曲
バイオリンの弓の毛替えに行って来ました。去年は違うところで頼みましたが、今年は以前利用していたお店に戻り。
予約をした時間から、約1時間半程で出来上がります。(それまで時間をつぶさないといけません。)

一年使って過ぎたころ、松脂の付きが悪くなり、弾いていても滑ってしまう感じが出て来ます。そうしたら毛替えどき。
松脂がしっかりキューティクルに絡みつき、音も明らかに良くなります。



今レッスンで弾いている曲は、難しいのは一旦休憩にして、美しい小品です。

 スヴェンセン「ロマンス」。
 シューマン「ロマンス」。
 シリル・スコット「ロータス・ランド」。

そんなには難しくないので、綺麗に弾く(心に滲みさせる?)練習としての曲です。



d0006467_12290585.jpg






[PR]
by miko_rinn | 2017-09-15 12:53 | バイオリン | Comments(2)


ちわわと穏やかに日記~
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
最新のコメント
☆kuniさん、 楽し..
by miko_rinn at 08:51
自由で楽しそう!(*^-^)
by kuni at 23:54
☆kuniさん、 人間..
by miko_rinn at 12:25
突然のコメント失礼します..
by Risa at 07:42
気持ち良さそうですね~♪..
by kuni at 23:37
☆kuniさん、 本当..
by miko_rinn at 11:04
これはどの料理も美味しそ..
by kuni at 23:46
☆kuniさん、 夏に..
by miko_rinn at 15:17
電気ゴタツは、ミコリンさ..
by kuni at 00:12
☆kuniさん、 そう..
by miko_rinn at 09:16
フォロー中のブログ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
画像一覧
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル