カテゴリ:バイオリン( 304 )

お楽しみ会用カルテット(合わせ)

春になったはずの割りには、寒いですね~。
なかなかお花見ベストな天気が来ないです。
雨、ポツポツ来ていてもお花見計画の変更が出来ないのか、井の頭公園 最寄り駅は大混雑でした。(乗り換えで通った)
  

今日は、4月にやるミニコンサートの4人での合わせ練習でした。
某診療所の 患者さん達が帰られた後の待合室です。

2曲弾いた結果、ハイドンの1stを弾くことになって、困った困った。(本番に弱いのよ)
やれと言われては弾くしかないので、猛練習・・します。--;


そうそう、時間が早く着き過ぎて、時間調整にペットショップを覗いたら、可愛いわんちゃんがいました。
でも、すごくお高い。Mixで35万って。(ポメ×チワワ)
フレンチブルが 75、と55(万)、そんなにするんだ~。
猫だって負けてないお値段でした。


早くあったかくなれ~。




[PR]
by miko_rinn | 2017-04-01 19:32 | バイオリン | Comments(2)

団内演奏会

生憎の雨でしたが 外出でした。

毎年3月にある「団内演奏会」でした。あ~、疲れた。
カルテット大会です。くじ引きで組み合わせた4人組で、曲を発表し合います。
これが終わるまで、他の曲が手につかないほど、精神的に大変です。
1st(特に)を弾けば、全員の視線にさらされますから。

いつも 月いちでやっているカルテットでも出ましたので出番は2回です。
こちらは2ndを弾いたので、気持ち的にラクでした。音に細心の注意を払わないといけないのは一緒ですが。

全体の感想ですが、個人で練習している分にはスラスラいっても、合わせになると「縦」を揃えることがいかに大切かが分かります。拍がずれると聴いているひとにはちゃんと分かりますから。
ともかく、皆さんお疲れ様でした。
夜は反省会ごはんでした。
帰るときも、まだ雨が降っていました。一日 寒かったでしたね。



記事と関係ないけど、おまけ。
d0006467_21341189.jpg






[PR]
by miko_rinn | 2017-03-26 21:23 | バイオリン | Comments(2)

カルテット

今日は月一のカルテットの「2月分」でした。
皆さん予定が立て込んでいて先月は合わせられなかったので。
団内演奏会で弾くハイドン曲だけだったので、いかに『良く』弾くかに拘った練習です。
よく言われる「音符の譜面づらを弾くだけではダメ」。
考えて弾かないと。これがなかなか難しいのですわ。
音楽性、センスがあるかないか・・・。





[PR]
by miko_rinn | 2017-03-01 23:55 | バイオリン | Comments(2)

カルテット

月一のカルテットの日。
今日の練習は、団内カルテットに 我らカルテットも出ることにしたので、その練習と時間制限の中で収める・・何楽章を弾けば良いかの相談でした。
持ち時間はたったの10分です。超過したら1分100円払うのだとか。
これはだらだら弾いて飽きられないための初めての策です。本当に払うのかは?ですけれど。
(抽選で組んだカルテットは制限時間20分です。)

今やっている曲は全楽章で26分くらいですから、切り詰めて(繰り返しを省くとか)せいぜい2楽章分くらいしか出来ません。
ということで弾く楽章は決まりました。


こんなこともしています。
昨日は、楽譜係をしている関係で コンビニでコピーを250枚取りました。
1000円札が使えないので、先ずコインに両替してもらうことから。途中で後ろに並ばれないことを祈りながらひたすらコピー。30分以上掛かったかな。
家に帰ってからは、曲ごと、メンバーごとに分けてクリップで留める内職作業も。ーー;







[PR]
by miko_rinn | 2017-01-31 22:55 | バイオリン | Comments(2)

コンサート鑑賞

団の仲間2名が出ている「日立フィル」の定期演奏会を聴いて来ました。
すみだトリフォニー、大ホールにて。満員でした。
錦糸町駅、コンサート以外で降りる機会のない駅です。スカイツリーがすぐ近くに見えます。

駅から近くて分かり易いですね。
団員が多いせいか、舞台はいっぱいいっぱいでした。

曲目:
ディーリアス 楽園への道
バーンスタイン 
  ウエスト・サイド・ストーリーより シンフォニックダンス
休憩
エルガー 交響曲第一番 作品55
アンコール、エルガー「愛の挨拶」


ウエスト・サイド・ストーリーは映画でお馴染みですが、結構難しい曲ですね。聴くのは楽ですが。
管が活躍します。

正直言うと、交響曲は眠くなります。とりとめのない混沌が続くエルガー。
弾くのも凄く大変そうです。

この駅は、いつの間にこんな人が多い駅になったのでしょう。大混雑状態です。
帰りにお友達とお茶しましたが(ケーキも)、新宿などに比べるとお安い設定に思いました。





[PR]
by miko_rinn | 2017-01-28 23:53 | バイオリン | Comments(2)

団内カルテット合わせ練習

3月にある団内カルテットの一回目の合わせ練習を、マンションのAVルームを使って行いました。
4名のうち2名は初めて組む方々です。
曲は ハイドン Op.2 No.5 全楽章、1st担当です。

ハイドン32歳のときの曲です。
わりと軽快で 変形な面白さもある曲です。

何回か弾くうちに要領が分かって来るので、段々まとまって来ます。
難しいのが、Largoでシンコペーション多用の楽章でしょうか。拍がはっきり分からない、各パートが微妙にズレがちです。ザッツが必要。
でも初めての合わせにしては良かったと思います。
本番前まで、あと一回合わせる予定です。


音がするので見たら、ほりほりしてました。
d0006467_19303974.jpg



その何十分か後、今度は寝てましたぁ。笑
d0006467_201947.jpg






[PR]
by miko_rinn | 2017-01-21 17:48 | バイオリン | Comments(4)

カルテット

月一のカルテットの日でした。今年最後の合わせです。
また一年間、先輩方の指導を受け、勉強になりました。
お世話になり、ありがとうございます。
(このメンバーでカルテットを組んで、そろそろ10年になります。)

覚書:
ハイドン Op.20-4 全楽章

この曲を来年3月の団内演奏会で弾こうかという案が出ています。
1stがかなり活躍する曲ですが、全員が楽しめる曲です。(2楽章以下)
制限時間があるので、時間内に納まるように組み立てればOK。



楽団に関しては、第52回演奏会に向けて、衰えを知らない若老人たち。あと5年もすればギネスものでしょう。
体力(耳・目・命含む)だけが勝負です。脳は大丈夫なのです。





[PR]
by miko_rinn | 2016-12-23 23:50 | バイオリン | Comments(0)

ホッ

今日は年に一度の発表会でした。
今週はその準備でとても忙しかったです。
弾きたい曲を弾かせてもらった満足感と 同時に、「ちょっと無理し過ぎたかな」という反省と、色々思いがあります。
上がることを考慮すれば、弾きやすい曲・落ち着いて弾ける曲を選ぶべきなのですが。
選曲は難しいです。

今日弾いたのは、ラロの「スペイン交響曲・Ⅲ楽章」と、
サラサーテの「ナヴァラ」、これは先生とのデュオです。

上がると速いパッセージでシフトが外れる、や 指がもつれる(手が温まっていない)。これは誰しも緊張のせいで起こることなのですが、プロとはその辺がが違うのでしょうね。

知らない方からも褒めて頂いて、皆さんお優しいこと。
自分では”失敗”なのですけど。・・・30点くらいかな。笑
発表会に出なければ、一年間でもっとたくさんの曲を練習できるのですが、やはり発表の場も必要ということで。それに楽しく交流と情報交換も出来ます。(サロン風ホールなので)
中学生、高校生が上手い!!

やっと今夜からボケーっと出来ます。





[PR]
by miko_rinn | 2016-12-11 23:30 | バイオリン | Comments(2)

カルテット

月一のカルテットの日でした。

覚書:
ハイドン Op.20 No.1 1st担当。
ちょっと難しかったです。
Op番号が多くなるほど、作曲者の成熟度も増すので、より長くより難しい「大作」になって行きますね。
来月は20-4を弾いて、20シリーズを終えます。


今日、調布駅に降りたら広場に『ゲゲゲの鬼太郎』がいました。着ぐるみですが。
家に帰るとニュースで、今日は”水木しげるの命日”だと言っていました。
あ~それでなのかと。





[PR]
by miko_rinn | 2016-11-30 21:06 | バイオリン | Comments(2)

柴田南雄生誕100年・・コンサート鑑賞

タイトルが長いです。
「柴田南雄(みなお)生誕100年・没後20年記念演奏会」
   ~ゆく河の流れは絶えずして~
をサントリーホールで鑑賞して来ました。
あまりよくは存じ上げない方でしたが、日本の音楽界に多大に貢献された方です。

山田和樹指揮、日本フィルハーモニー交響楽団演奏、
東京混声合唱団他 の歌。

現代音楽と言えると思いますが、かなり面白かったです。
歌い手は会場側から現れ、1階~3階の通路を歩きながら歌います。
人夫々の歌詞を ソロで歌ったり合唱したり。(無伴奏)
全客席が美しい歌声で満ち溢れます。
演奏と共に方丈記の口説きが入ったりと。

とても気持ちの良い不思議な経験でした。

d0006467_2253466.jpg



一般的なクラシック音楽とは全く違う一面が見られ、良い体験でした。
ご招待いただいたので、ありがとうございました です。





[PR]
by miko_rinn | 2016-11-07 23:03 | バイオリン | Comments(2)


ちわわと穏やかに日記~
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
最新のコメント
フォロー中のブログ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
画像一覧
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル