カテゴリ:バイオリン( 292 )

合宿

今日は楽団の合宿でした
といっても泊まらない「帰宅部」ですが。
高尾(高尾山じゃなく)はほんのり紅葉が進んで来ていました。

午後から6時間も弾いて、マジ疲れました。
弾きながらアクビが出ちゃう。
やはり男性はタフなのかな~?それとも無理しているのかな~?
今年は曲数が多くて大変です。




[PR]
by miko_rinn | 2015-11-01 22:32 | バイオリン | Comments(2)

合わせと見学

発表会では多くの生徒が1曲はバッハを弾くことに決まっています。
バッハは「基本」「原点」。

私のドッペルの相方が、超上手い人でどうしようかなと。
ラヴェルの「ツィガーヌ」とかパガニーニ・カプリースを弾く人なので、ウーム、私でいいの?と言う気持ちです。
でも優しそうな人なので良かった。
昨日は、1楽章を併せてみました。本番ではちょっと難しい3楽章を弾きます。

で、せっかくなのでツィガーヌのレッスンを見せて頂きました。
超難度な曲です。
技の凝縮、出だしG線1本で弾く、重音の連続、左手ピッツィカート、ワンボウ・スタッカート、左手を思い切り手前に持ってくる高域音、フラジオレット 等々。
ひ~~です。
もっと早くVnを始めていたら、こんな曲まで到達したのかしら?^^;

注(子供からやっていないと無理です。)


龍くんのツィガーヌ→

ツィガーヌ=シプシー(ロマ)の意味





[PR]
by miko_rinn | 2015-10-25 12:30 | バイオリン | Comments(2)

カルテット

月いちのカルテットの日。
大体、家で早いお昼を食べて出発、1時ごろ集合します。
コーヒーを頂いてお喋りをひとしきり、誰かが「さあ、やろうか」と言って始まります。

覚書:
シューマン OP.41
ミーチャ(チェコ人)Ⅱカルテット

2曲とも4楽章まであるので、1曲が終わると休憩タイム。
疲れ(?)をお喋りでほぐし、再度もう1曲を弾きます。
1stは交替します。
2曲を丁寧に弾くとすっかり夕方です。外は真っ暗。
最後の休憩をして解散です。

これで良しと思って持って行っても、細部のアドヴァイスを頂きます。
まだまだだわね。
でも楽しいし、認めてもらうと嬉しいです。(めったにないですが。)





[PR]
by miko_rinn | 2015-10-23 20:51 | バイオリン | Comments(2)

演奏会鑑賞

昨日は知人が指揮をするアマチュア楽団の演奏会へ行きました。
弦楽器だけの20数名程の楽団です。(平均年齢高いです。)

府中の森「ウィーンホール」です。
私達がいつも使っている”某ホール”は、あまり綺麗でなく、控室も狭く着替えもままなりません。
女性達は小部屋が使えますが、男性陣はもの陰で着替えてます。笑
グリーンホールのような明るく綺麗なホールでやってみたいものです。

メンデルスゾーンのシンフォニア、グリーグ組曲、等4曲を聴かせて頂きました。
コンマスの柔らかい音色が心地よかったです。



帰りに同じ楽団のお友達と ケーキ屋さんでお茶をして帰りました。
余談ですが、彼女は帯状疱疹にならないための「予防注射」を最近したそうです。
100%罹らないという保証ではありませんが、罹ったとしても軽く済むようですよ。
値段は医院によって 6000~10000エンと幅があるので、接種を受ける場合は薬があるかどうかの確認の序でに値段も訊いてしまいましょう。
帯状疱疹の長い苦しみを味合わないためにはお勧めです。




[PR]
by miko_rinn | 2015-10-13 09:46 | バイオリン | Comments(3)

秋です

のんびり更新になってます。
もう10月ですね~~。
そろそろ演奏会も発表会も近くなってきたので、身を入れて練習をすることにしました。
演奏会の方は50周年ということで、旧団員にも声を掛け参加を呼びかけました。何名かの人たちが参加予定です。
定番のモーツアルト曲から、あまり演奏の機会のない「カルウォーヴィチのセレナーデ」、指揮者作曲の「シンフォニエッタ」などバラエティに富んでいます。


発表会の方は、モーツァルトのコンツェルト第5番を弾くことになりました。
それとバッハの有名なドッペル。まだ誰と組むか決まっていませんが。
デュオはそれほど上がらないで弾けるので楽しいです。
(なぜ上がらないかというと、ミスしても分かり難いからなのですが、そんな考えではいけませんね。^^;)

ちゃんと練習します。



記事と関係ないけれどすごい面白い動画⇒ *




[PR]
by miko_rinn | 2015-10-03 10:54 | バイオリン | Comments(2)

カルテット

月一のカルテットですが、7月は私が病欠、8月は暑いのでナシ、久しぶりの合わせでした。
今日はばっちり皆元気で集合です。


覚書:
シューマン Op.41 No.1 全楽章(次回も)
シューベルト Op125-1 D87全楽章(2回目で終わり)

シューマンは結構忙しい曲でした。(各パート重要で気を抜けない)
3楽章がゆっくり が返って4人が合わせにくかったです。
各自それぞれ家で頑張ってくるのですが、合わせの難しさがあります。
次回までまたひと月あるので、新曲もあり、楽しみにしています。





[PR]
by miko_rinn | 2015-09-16 22:36 | バイオリン | Comments(2)

今日の練習に

いつもの練習日でしたが、今日は交響楽団現役プロの方(女性)が2ndバイオリンに加わってくれました。
やはりすごいですね~、初見(初めて見る楽譜で)全楽章弾いていましたから。プロとアマチュアのレベルの差を見た気がします。
いわゆる どこの楽団でもよく弾かれるモーツアルト等ではなく、『カルウォーヴィチ』という知らない人は知らない作曲家の曲です。

プロ楽団には定年があるらしく、まもなく退団されるとか?で、こちらに来て頂けるかもです。
入団が決まればとても頼もしい人材になると思います。


プロとアマチュアは真逆。
プロはお金が貰え、アマチュアはお金を払う。笑





[PR]
by miko_rinn | 2015-06-25 21:59 | バイオリン | Comments(2)

6月のカルテット

月いちのカルテットでした。
今日は日差しが強烈で、日傘を忘れたのは失敗でした。


覚書:
ハイドンOp.20ー6(2回目)
シューベルト Op.125-1(1st担当)
共に全楽章

2回目のハイドンは、2ndは2楽章が実にクルシィ。
えんえんと弾きにくい音の連続があって、ひたすら耐える楽章です。
弾きにくい=うまく出来ない ので、ごめんなさいです。orz
ハイドン先生が悪い

シューベルトはもっとシューベルトらしく。次回も。



ティータイムに今年お初のさくらんぼ「佐藤錦」を頂きました。
甘くて美味しい♪



ベランダのレモン、小さ~い実が付いています。
次回にアップしますね。



[PR]
by miko_rinn | 2015-06-24 23:54 | バイオリン | Comments(0)

日帰り合宿(というか)

今日は楽団の合宿でした。
最近はずっと『高尾の森わくわくヴィレッジ』でやっています。
女性陣はすっかり泊まる人がいなくなりました。
帰宅組が帰ったあとは、飲みたい人の天国です。

年2回一日集中練習をすれば十分、合宿の必要性は無し、、、と多くの人が思うようになってきているのになぁ~。

高尾は結構寒くて、なのに冷房入れて、弾いていても指先が冷たくなってきます。(暑い人と寒い人両方がいる)
あと、椅子が座面が固くて、何時間も座るには辛いのでした。


毎回、指揮者が全員にCDを提供してくれる抽選(選び順)がありまして、順番が最後のほうになってしまいましたが、『シューベルトの交響曲5番&8番』というのを頂きました。




[PR]
by miko_rinn | 2015-06-14 23:02 | バイオリン | Comments(2)

難曲

コピーを使っていたのですが、改めて『パガニーニ・カプリースNo.1~24』の楽譜を買いました。
薄い冊子がなんでこんなに高いのっというくらいのお値段します。
d0006467_1913884.jpg
インターナショナル・ミュージック社、ガラミアン編です。黄色の表紙に変わったのね。(¥3780)


かあちゃんにとっては、超がいくつも付くくらい難曲集です。
4-5歳から真剣に練習に励んだ子供は、中学生くらいで弾きます。
日本でのバイオリンコンクールでは、予選で指定”課題曲”になっていますから、これが弾けないと日本および世界のコンクールは始まらない訳です。
(そんなのかんけ~ない~♪ オパピッ  えッ古かった?)


音程の正確さ(ポジション移動の正確さ)、スピード、勿論 音の質、が演奏者に要求されます。
誰に聴かせるわけでもないので、「練習曲としてウデ(指ですが)を鍛える!」ために弾きます。
手が壊れそう・・・。





[PR]
by miko_rinn | 2015-06-02 19:25 | バイオリン | Comments(2)


ちわわと穏やかに日記~
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
最新のコメント
フォロー中のブログ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
画像一覧
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル