人気ブログランキング |


<   2018年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

IKEAへ
何年ぶりかで、IKEAに行きました。
スウェーデン料理のランチも楽しみ。

トレーに好きなものを自分で載せて行くだけ。
d0006467_17551274.jpg
ミートボール8個・付け合わせはマッシュポテトと枝豆、サーモン2枚、ミニサラダ、ワッフルwithシロップ、ドリンク放題、
これでおなかがいっぱいになります。(千円台)
飲み物はラズベリーの炭酸と、カフェラテ。


家族連れが多いですね。
特に買いたいものってなかったのですが、序に買っておこうかみたいなものばかりです。竹製のミニまな板、とか、コーヒー用のミルクの泡だて器。ゆきちゃんにぬいぐるみ。
チョコレートや、コケモモのジャム(リンゴンベリー)。
そして出口でソフトクリーム。


家具類はとても綺麗だしお安いですけど、もう我が家には不要ですね。スペースもないので。
くさん歩いたので疲れました!




by miko_rinn | 2018-12-29 18:22 | Comments(2)

イヴ
今日はクリスマスイヴですね。皆様、御馳走をお召し上がりでしょうか?


ゆきちゃんのサンタクロースを見てくださ~い。
d0006467_17475894.jpg


昨日、10名ほどでミニ音楽会予行練習をしました。
この同好会の本番は6月ですが、メンバーの顔合わせ 且つ 合わせ練習を兼ねて。
毎年やっているのではないですが、もう10年ほどになるかと思います。団員以外の方も混ざります。
練習後は忘年会を兼ねてお店でワイワイ(静かに)おしゃべりします。

これで今年の行事・イベントは終了です。
あとは年賀状書きの内職が少し残ってますが。



代官山の(ドッグも良い)カフェで食べた前菜?
を真似て作ってみました。
クリスマスに如何でしょう。
d0006467_17482093.jpg
オレンジばかりが目立っていますが、チキン、アボカド、オレンジの順に並べます。
真ん中に人参サラダ。
くるみとブラックオリーブを散らします。

味のほうは忘れてしまったのですが、オリーブオイルとバルサミコ酢が合うと思います。
チキンを「サラダチキン」を買って切るだけにするとより簡単です。

素敵なクリスマスをお過ごしください。





by miko_rinn | 2018-12-24 17:59 | Comments(2)

クリスマス・ワンダーランド

渋谷ヒカリエの劇場「東急シアターオーブ」で開催中のショー、『ブロードウェイ・クリスマス・ワンダーランド』を招待して頂いたので観てきました。
クリスマスソング満載のミュージカルショーです。

d0006467_23133493.jpg


d0006467_23144976.jpg


なんといっても、ステージのキラキラ装飾が変化するたびにとても綺麗だったこと。衣装も綺麗。
もちろん歌も素晴らしいし、ダンス、タップダンス、フィギュアスケートまであり、飽きさせずに楽しめました。

舞台にリンク(氷ではないらしい)を作り、男女ペアのアイスダンスが素敵でした。
真っ白い髭のサンタさんもあちこち客席にも降りて駆け回っていました。


最後に「ここから写真OK」の字幕が出たので、撮りましたよ。
スマホ ブレ写真!
d0006467_23310374.jpg

2時間たっぷりの歌と踊り、すっかりクリスマス気分になりました。





by miko_rinn | 2018-12-19 23:49 | Comments(2)

映画鑑賞
一昨日になりますが、『くるみ割り人形と秘密の王国』という映画を観てきました。
少女が現実でない異国に行くというお話です。
ディズニーの映画だけではないでしょうけれど、未知の国へ行って、悪者と戦い大活躍して戻ってくる、のようなお話は多いですね。ファンタジー物語の定番でしょうか。これもCGを駆使した見事な映画です。
ネズミがたくさん出てくるのでネズミ嫌いな人は苦手かも。


d0006467_16374561.jpg





by miko_rinn | 2018-12-14 16:39 | 趣味 | Comments(2)

コンサート@御茶ノ水
招待チケットを頂いたのでコンサートを聴いて来ました。
御茶ノ水駅から5分の「明治大学アカデミーホール」です。
大学も大層な施設を持っているものだと感心します。

「大学のドイツ文化の日」セミナーの一連のイベント・行事のようです。
ソリストはヨーロッパで活躍中のローレンツ・ナストゥリカ氏。
恰幅の良い陽気そうな男性です。
チェリストは若手の藤原秀章氏。
指揮は井戸田善之氏。

プログラム:
ベートーヴェン「エグモント」序曲」 作品84
ブラームス「ヴァイオリンとチェロのための二重奏協奏曲」
      作品102
ベートーベン「交響曲第7番」作品92

アンコール パッサカリア


ヴァイオリンは1713年製ストラディヴァリウス「RODEWALD」
とても美しい澄んだストラドの音色でした。
顎当てなしで、体格の良い胸の上に乗せて弾いていました。

オーケストラは「Orchester ohne Grenzen」
右に第2Vn、第1Vnの後ろにコントラバスという配置でした。
女性たちはそれぞれに色とりどりのドレスを着ていました。




by miko_rinn | 2018-12-08 20:45 | Comments(2)

蕎麦打ち体験
今日はめったに出たことのないマンション主催のイベント「そば打ち体験」に参加しました。
一度はやってみたかったのでチャンスと思って。

カメラを持って行かなかったことを後悔しました。

最初のデモンストレーションは粉(1kg)と水の混ぜ方。
そこまでを見てから、実際に一人でやります。指導する方も傍に付いていてくれました。
蕎麦粉(二八そば=蕎麦粉8:小麦粉2)の重さに対して水は45%。
自分用は350gの粉に158gの水です。
捏ね鉢に粉を入れ、水を3回に分けて入れながら 砂状→固まってまとまるまで手で混ぜます。両手の指の腹を使って優しく捏ねます。
捏ねながら、蕎麦の良い香りがしてきます。

次のデモンストレーションは のしてカットまでです。
厚さ1,5mmの四角形に伸し、打ち粉を挟んで畳みます。
まな板に移して、そば用の包丁で駒板を使って、厚さと同じ幅で切って行きます。
最初は幅が広くなってしまうのね。でも徐々に均一にカット出来るようになります。切った後、包丁を傾けた角度分だけ次の幅になるので。
粉+水で500gなので大体5人分になります。

蕎麦の蘊蓄も教えてくださいました。種の構造や、新そばとは、歴史などです。
なかなか楽しい体験でした。
本格的にやろうとするなら、のし棒はお安いけれど、そば包丁は高いから躊躇しますよね。刃が平ら(直線)でないとだめだそうだから。

最後に師匠の打った蕎麦を茹でて試食しました。歯ごたえがしっかりあって、とても美味しかったです。
自分で打ったのはお持ち帰りです。自分で責任もって食べると。
お湯が沸騰してから投入して、上に上がって来てから1分だそうです。ざるに上げ水でやさしく流し(もみもみ洗う必要なし)、氷水で〆ます。
蕎麦の栄養が湯に溶け出ているので、「そば湯」は飲むようにとのことでした。




by miko_rinn | 2018-12-02 18:37 | 趣味 | Comments(2)


ちわわと穏やかに日記~
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
最新のコメント
フォロー中のブログ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
画像一覧
以前の記事
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル