人気ブログランキング |


<   2019年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ウィーン 6日目
この日は一日 ザルツブルク日帰り観光に行きます。生憎の雨模様。
ウィーン中央駅(6:55発)からザルツブルク中央駅へ、ÖBBレイルジェットで3時間弱。
車窓からの眺め、どんよりな空で、静かな風景です。
d0006467_12443181.jpg
乗客が空いてから、駅で買ったパンを食べ朝食にしました。(テーブル席予約)



ザルツブルク中央駅到着後、バス(この一回券のみ)でミラベル宮殿前まで行きます。
かなり寒かったです。

ミラベル宮殿はサウンド・オブ・ミュージックのにロケ地になった所。バラのトンネルや、噴水の周りを歩いたり、このゲートも映画の中で見覚えがありますね。


d0006467_11071414.jpg
d0006467_12433482.jpg


「モーツァルト住居」(1773~1780年まで住んだ家)
オーディオ日本語ガイドを借りました。資料を見たり、楽器を見たり、音楽を聴けたりして結構楽しめました。(画像なし)


ザルツァハ川に架かるマカルト橋を渡って旧市街へ移ります。
こちらはゲトライデ通りの「モーツァルト生家」です。(1756年~7歳)
2~4階が博物館で1階はショップになっています。
d0006467_11314012.jpg


アイアンの看板が名物「ゲトライデ通り」をブラブラとウィンドウショッピング。
クラシックで美しい看板。今もこれらを作ったり修理したりする 代々の鍛冶屋さんが健在だそうです。
d0006467_11161083.jpg
d0006467_11163784.jpg

建物のパッサージュの奥は中庭があります。
ランチに適当なレストランを見つけて入りました。
トラットリア「ラ・ステッラ」
d0006467_11151508.jpg
マッシュルーム・リゾット
d0006467_11153686.jpg


「フュルスト」の小さなお店がありました。
球形のチョコレート『モーツァルト・クーゲル』はザルツブルクが発祥の地、元祖はフュルストの青い銀紙包装のものです。一つ一つ棒を刺しての手作業は昔から変わっていないそうです。
これを真似たものが何社かあって、大量生産のためお手頃なお値段でウィーンでもたくさん売っています。
d0006467_11144872.jpg

馬洗い場
d0006467_11181604.jpg

大学の一角にあるコレーギエン教会
d0006467_13013326.jpg
d0006467_11183824.jpg

途中に市場がありました。
d0006467_11273266.jpg


聖フランツィスカ-ナ教会
d0006467_18445699.jpg
暗い部分は後期ロマネスク様式
d0006467_18595322.jpg
後に改装されたゴシックとバロック様式 主祭壇は右手にブドウを持つマリア像
d0006467_11191904.jpg


ザルツブルク大聖堂 聖母マリア像のあるドーム広場から見る。
d0006467_13061156.jpg
とても大きな教会で、中は豪華、荘厳というべきか。
d0006467_19140455.jpg
天井
d0006467_11194557.jpg
d0006467_11200536.jpg

山の上に「ホーエンザルツブルク城塞」
ケーブルカーで行かれます。(行かなかったですけど)
d0006467_11260201.jpg

ザンクトペーター教会墓地は 世界一美しい墓地、と言われています。
d0006467_11202258.jpg
d0006467_23364812.jpg



モーツァルト広場
d0006467_11203807.jpg

「モーツァルト小橋」を渡って新市街側に戻り、川沿いをずっと西へ歩くと、「ホテル・ザッハー・ザルツブルク」があります。
ここでまだ食べていない『ザッハー・トルテ』を休憩がてら戴くことにしました。
元祖ザッハー・トルテは実に美味しかったです。高いのだけどね@7,5€
d0006467_11171973.jpg

美しいケーキのショーケース
d0006467_23410100.jpg

帰りはバスは使わず、中央駅までの約1,5kmを歩きました。
こぢんまりな街なので、一日で回れそうなところです。



ウィーンの地下鉄は深くてエスカレーターはしっかり手すりに摑まっていないと怖いですよ~。
d0006467_11215527.jpg







by miko_rinn | 2019-10-30 14:48 | 旅行 ウィーン | Comments(2)

ウィーン旅行 5日目
終日 ウィーン
午前中は「ベルヴェデーレ宮殿、上宮」へ。
トラムで7-8分で入口の直ぐ近くまで行かれます。
d0006467_13352274.jpg
ここも広く美しい庭園があります。
窓から北を見渡すと遠くにシュテファン大聖堂が見えます。
d0006467_12552272.jpg

ベルヴェデーレ宮殿のオーストリア・ギャラリーにはウィーン世紀末絵画の代表的画家、グスタフ・クリムトの有名な『接吻』があります。
180×180cm、 油彩と金箔 1907-1908年
日本の琳派の影響が見られるという。
d0006467_12173343.jpg
d0006467_12175411.jpg
オーストリア政府がクリムトから買い上げた名画です。殆ど門外不出です。
1989年のバブル期に日本に来たという記述があります。

この絵のモチーフがお土産もの、アートグッズにたくさん使われていますね。


ナポレオンの絵「ベルナール峠からアルプスを越えるボナパルト」
何枚か複製があり、ベルサイユ宮殿にもあります。1803年のもの。
d0006467_12183836.jpg

クリムト 「フリッツァ・リードラーの肖像」1906年
d0006467_12194475.jpg

エゴン・シーレ 自画像
d0006467_12580987.jpg


ランチはケルントナーストリートのお店「ノルトゼーNordsee」魚介のお店です。
とても美味しかったですが、ちょっとお高め。

魚介のマリネ
d0006467_12205467.jpg
魚介のピラフとエビの串焼き
d0006467_12211599.jpg

昼間のシュテファン大聖堂。屋根の模様が美しいです。
d0006467_12213850.jpg

アンカー時計。毎正時に歴史的人物の人形が出てくる仕掛け時計です。
d0006467_12215632.jpg

シュテファン大聖堂から西へ続く「グラーベン・ストリート」に、何軒か古くて価値の歴史的建造物があります。

元高級洋服店だったH&Mとか。中が木造で手すりなど趣があります。
d0006467_13444541.jpg



老舗楽器「ドブリンガー」で頼まれていた楽譜(カルテット曲 5冊)を買いました。
日本では非売、または輸入しても楽譜はとても高いのです。
「ドブリンガー」はウィーンで最古の出版社&楽譜店。膨大な種類の楽譜があり、自分で探すのは絶対無理です。リストにしてもらっていたので、お店の人が集めてくれてすんなり買えました。
ドブリンガーの黄色い紙袋代30セントもしっかり取られます。
(↑この部分日にちを間違えたので移しました。)(-_-;)




「オペラ座」のガイドツアー、15時から日本語があると聞いたので申し込みました。

今夜のオペラの準備をしていました。毎日メニューが変わるので大変。
d0006467_12253372.jpg
楽屋裏、せり等の仕掛け。
d0006467_12255114.jpg
d0006467_12261359.jpg
d0006467_12263104.jpg
ボックス席ですね。
d0006467_12264429.jpg


ペーター教会
少し通りから奥まったところにあります。
ここでも夜にはコンサートが行われています。
d0006467_13565789.jpg

中は絢爛豪華です。
d0006467_13571639.jpg
d0006467_13574129.jpg



ここは16世紀からある古い薬局「エンゲル薬局」、閉まっていました。
入口の壁の両側に天使像、モザイク風で素敵です。
d0006467_14095099.jpg

d0006467_12232057.jpg


夕食は有名な「ツェントラル」、カフェですがお食事もできます。
それほど待たずに入店。かつて宮殿だった建物なので豪華です。
地元の人や観光客でとても賑わっていました。

(人形です)
d0006467_14013255.jpg
d0006467_12495436.jpg
たっぷりサラダ、
d0006467_12502933.jpg
シェアーした「仔牛肉のウィンナ・シュニッツェル」、ポテト添え。
レモンをかけて戴きます。
d0006467_12504734.jpg
生演奏のピアニスト男性が面白かったです。悪い意味で。

タクシーで帰宅(帰アパート)。


まだ5日目のアップで、飽きてきたか。
時系列の記憶が悪くなってきます。
カメラの中は7時間の時差があります。









by miko_rinn | 2019-10-28 14:06 | 旅行 ウィーン | Comments(2)

ウィーン旅行 4日目
終日 ウィーン
月曜日の朝、ウィーンの「交通1週間定期券 17,10€」を買います。
トラム・バス・地下鉄共通でとても便利です。
乗り降り、乗り換え、乗り間違えも自由。改札素通りでOK。
チケットを買ったら最初に時間を一回だけ打刻しないと無賃乗車とみなされ(見つかった場合)高い罰金を払うことになります。
この場合は券売機で時間が打ってあったと思います。


地下鉄で「シェーンブルン宮殿」へ。
最寄り駅の「カーールスプラッツ駅」から5駅です。
チケットは3か所(シェーンブルン宮殿、王宮、王宮家具)に入れる「シシィ・チケット」というものをonlineで買っておきました。やはり人数分のA4のコピーにします。シシィチケットなら長い行列に並ばずに入れます。

正門 柱(オベリスク)の頂きにはハプスブルグ家の象徴「黄金の鷲」。
d0006467_10423264.jpg


宮殿内は撮影禁止。
豪華で華やかな装飾の部屋や広間。部屋数は1400室以上も。


左右対称の庭です。庭は無料で入れます。
広大な敷地。向こうに見えるのは柱列回廊「グロリエッテ」という記念碑、展望台です。
遠すぎなのと 最後は坂なのでで行くのはやめました。
d0006467_10433292.jpg
途中までは歩きました。
d0006467_10440043.jpg
広い敷地の一角、右側(西)には動物園もあります。



旧市街に戻り、王宮付属大温室を改造したレストラン「パルメン・ハウス」でランチをしました。
d0006467_10444624.jpg
「シュメターリンク・ハウス」とあります。
シュメターリンクは蝶(蛾も)の意味です。


天井の高い温室(だった?)、パームツリーや大きな熱帯の植物が植えてありました。
d0006467_10450722.jpg
お昼は過ぎていましたが、ブレックファストOKでセットメニューにしました。
茹で卵、ローストビーフ(ハムだったかも)、チーズ、ジャム、ドリンクにパン。
d0006467_10472249.jpg





ホーフブルク宮殿とシシィ博物館を見学。
d0006467_10481312.jpg
いくつもの複合施設で、どこを見たのか見なかったのか今でもよく分かりません。
一部は現在 オーストリア大統領公邸として使われています。

内容は食器類、銀器コレクション、どちらもものすごい量。
家具、部屋、装飾品、タペストリー、などなど。
d0006467_11362973.jpg


オペラ座の前を通ると、「今夜のコンサート、如何ですか」と、宮廷のモーツァルトのような衣装のお兄さんが声を掛けてきました。楽友協会のクラシックコンサートでした。
夜は丁度空いていたので、つい聞いてしまえば、2階バルコニー席の一番前の席が買えるという。一番前はチャンスかも?で観ることに。


その前に腹ごしらえ。この日のお夕飯は、スーパーで調達したパンやサラダ、グリルドチキン、など。スーパーが近くにあって、お水を買ったりとても便利でした。
d0006467_11461398.jpg
夜になってから、ちょっとだけおめかしして楽友協会へ出かけました。
d0006467_10490448.jpg
「ゴールデンホール」は毎年ウィーンフィルが「ニューイヤー・コンサート」を行うホールです。音響の良さは世界屈指とか。
d0006467_10500923.jpg
豪華な内装です。
d0006467_11392839.jpg
入場前は大混雑でしたが、やっと席に着くと、ちょっと遠いけれどよく見えます。
モーツァルト、シュトラウス、歌、ダンスとバラエティに富んだプログラムでした。
ツアー客が多い感じでした。
記念に買ったモーツァルト・ベア、12€。
後ろ、髪が長いのですよ。
d0006467_12544930.jpg



アパートに戻って、2階のゲルストナー・カフェへ行きました。
このお店の最上階がアパートです。お店の横の大きな古い木の扉から中へ入ります。
d0006467_11354681.jpg
d0006467_11371255.jpg
シシィ・トルテ
d0006467_11373323.jpg
d0006467_11375595.jpg
オペラ座ではオペラを演じていて、カフェの窓からは外のスクリーンに映るオペラがライブで見えます。本当なら。
でもよく見ると終わってた。建物に合わせた絵のスクリーンになっていました。
d0006467_12592625.jpg
今日もよく歩き、疲れました。連日1万何千歩です。


この日の [シェーンブルン~王宮] の画像は一緒に行った方に頂きました。
充電していたバッテリーをカメラに入れずに出かけてしまったので。






by miko_rinn | 2019-10-26 14:25 | 旅行 ウィーン | Comments(2)

ブダペストへ
長くなります。。
早朝、ウィーン中央駅からオーストリア連邦鉄道ÖBB(エーベーベー)レイルジェットで ハンガリーのブダペストへ向かいました。列車で2時間半。日帰り観光です。

*ハンガリー:
長く続いたハプスブルク家支配の後、第2次大戦後は社会主義国家、1980年代に民主化、2004年にEU加盟。

列車のチケットはオーストリアwebsiteで予約し、自宅でプリントアウトしたしたものを持参します。駅での発券は必要ないので現地での手間が省けます。
検札は列車内で係の人が回ってきたら、印刷したA4用紙のQRコードを提示するだけ。パスポートも見せませんでした。
座席はテーブル付きの向かい合わせ指定席を予約しました。

途中、学生や通勤客も乗ってきます。指定席も自由席も混ざっているので、指定を取っていない人は空席を見つけて座ります。
1人3€プラスで席が確保出来、うろうろ空席を探さなくて済むのでこれはやっておいたほうが良いです。2等は混みますから。

終点のブダペスト東駅(Keleti.pu)で下車、フォリントに両替、地下鉄の券売機で交通24時間 グループ・フリーパスを購入。
(3300Ft≒1300円くらい。2人分の金額でグループが使えるパス)

ブダペスト東駅です。
d0006467_22290288.jpg

深い地下鉄で1駅。パレスホテルの世界で最も美しいカフェ「ニューヨーク・カフェ」で早めのランチのつもりだったのが、信じられないほどの激込み!!
ドアを開けると立って待っている人達で一杯です。(人員整理する人もいない)
待っても無理そうなので諦めて、写真だけ撮りました。

建物が宮殿のようです。
d0006467_14262010.jpg
レストランは豪華絢爛。
d0006467_22295490.jpg
装飾も柱もすごいに尽きる。
d0006467_22302910.jpg
もっとじっくり見たかったわ。お客さんの順番を整理してくれたら、何分くらいでテーブルに着けそうとか分かるのに、ことごとく残念。



トラムに乗って「西駅Nyugati.pu」まで移動。
駅の隣りに、今度は世界一美しいマクドナルドで軽食。世界一美しいって誰が言った?!
フードは普通ですが、しかし安い。
d0006467_22282103.jpg

同じ路線のトラムでドナウ川を西へ渡り、ブダ側に行きます。
バスに乗り換えて、三位一体像のところで下車。
d0006467_22323307.jpg
マーチャーシュ教会。美しい姿です。
d0006467_22334032.jpg
d0006467_22342077.jpg
中も豪華。
d0006467_22350524.jpg
d0006467_22365087.jpg

「漁夫の砦」
とんがり屋根が7つ。砦として使った訳ではありません。
d0006467_13212965.jpg


ここから対岸の大きな国会議事堂が綺麗に見えます。
大勢の観光客でごった返していました。
真夏のような気候で暑い!!体力を消耗します。

バスで下山し、セーチェニー鎖橋を渡って一つ目のバス停で降り、トラムに乗り換えます。

国会議事堂のガイドツアーは2時半に予約してありました。ガイドツアーでないと中を見ることが出来ません。建物長268m、部屋数691、の大きさ。

d0006467_22413573.jpg
大階段
d0006467_13232341.jpg

242体の彫刻が壁に施されています。
d0006467_22394802.jpg
d0006467_22402015.jpg

ここで議会が行われます。
d0006467_22410463.jpg

皇帝がいなくなって冠る人がいないハンガリー王国の王冠(聖冠)は撮影禁止です。
この王冠を戴いたのは最後のオーストリア皇帝カール1世。1916年、マーチャーシュ教会で戴冠式がありました。
(借りた画像)↓
d0006467_10311744.jpg

郵便貯金局。アールヌーボー様式。屋根が凝っててすごいのに下からでは見えません。

d0006467_13354946.jpg

歩いて「聖イシュトヴァーン大聖堂」へ。
ここも中が豪華装飾です。もう飽きたでしょうから画像少なくします。
d0006467_13360633.jpg
d0006467_13364240.jpg


疲れもMaxなので、フォーシーズンズホテルのカフェで休みます。

ブダペストで一番のホテルでしょうか。鎖橋が目の前です。


こういうアイアン芸術、好きです・



d0006467_20180036.jpg

床がモザイクタイルです。
d0006467_00451777.jpg
シャンデリアも独特ですね。
d0006467_20130750.jpg

d0006467_20164233.jpg


ピアノの生演奏と、紅茶やコーヒーで少しは疲れがとりました。小さなフィナンシェがついて来ました。

d0006467_20172345.jpg


日帰りなので行きたい場所も制限しないとなりませんでした。価値のある場所、ありますから。


地下鉄~鉄道ÖBB

帰りの列車はユーロシティでした。ウィーンに帰ります。






by miko_rinn | 2019-10-23 20:51 | 旅行 ウィーン | Comments(2)

ウィーン旅行 2日目
この日はウィーン市内。リンクの南に行きます。
生憎の雨模様。
この日は全行程、徒歩です。

カールスプラッツ旧駅舎、ウィーンの建築家オットー・ワーグナー設計のアールヌーボー様式の駅舎です。
d0006467_18215405.jpg

すぐ傍の大きな教会は「カールス教会」
ここでその日夜のコンサートの広告を見たので申し込むことに。
d0006467_18224039.jpg

公園を通り西に、立派な建物(本館)のウィーン工科大学を通り過ぎ、、、。
調べてみたら、ドップラー効果のクリスチャン・ドップラー、ヨハン・シュトラウスⅡ、先の建築家ワーグナーなどが在籍していたそうです。
知恵の象徴、フクロウの装飾。
d0006467_18232347.jpg

セセッシオン(分離派協会)
d0006467_18234994.jpg
d0006467_18254243.jpg

地下にクリムトの連作壁画「ベートーベンフリース」があります。
5月に上野であったクリムト展では本物に近いレプリカを観ました。
d0006467_18242854.jpg
d0006467_18245320.jpg

ナッシュマルクト。市場です。
d0006467_18283185.jpg
お店がギッシリと軒を連ねています。狭い通路、オーニングから雨が流れてきて傘をさしていても濡れます。
この辺でお腹が空いたので、通りすがりのお店、トラットリア「プルキネッラ」に入りました。
d0006467_18290002.jpg
タコやイカや魚などの唐揚げ。タルタルソースで。
d0006467_18291177.jpg
ブルスケッタ
d0006467_18292608.jpg
スパゲティ ボロネーゼ
d0006467_18293747.jpg
どれも美味しかったです。
ここで初めて「チップ」を加算です。切りを良くしようと思うと結構割高になってしまいます.



メダイヨンハウスとマヨリカハウス。
メダイヨンハウス。
d0006467_19195286.jpg
d0006467_18313233.jpg
マヨリカハウス
d0006467_19203641.jpg
d0006467_18310762.jpg
メダイヨンハウスは金色の装飾が豪華です。
マヨリカハウスは、バラの花模様の「マヨリカタイル」を貼った壁面、共に現在住居として使われています。晴れていればもっと綺麗だったはず。


美術史美術館を見学。ハプスブルグ家の膨大なコレクションが見られます。2階が絵画ギャラリー、1階に古代エジプトコレクション(世界3大コレクションの一つ)があります。ミイラマスク、彩色木棺、石棺、装飾品。もちろん紀元前のものです。
そのほか、古代オリエント、古代ギリシャ・ローマコレクション等。
d0006467_19210884.jpg
ドームの天井
d0006467_18380576.jpg
エジプトコレクション
d0006467_18373046.jpg
d0006467_10495282.jpg

モザイクの床
d0006467_18370090.jpg

階段上の壁画は必見、クリムトの有名な絵が美しい。
d0006467_18363346.jpg
d0006467_19133624.jpg

絵画はフェルメールやブリューゲル、ベラスケス等。
d0006467_18394824.jpg


モザイク大理石の床が素敵な「ミュージアム・カフェ」
希望の席ではなかったですが、何分か待って入れました。
d0006467_18403035.jpg

アプフェル・シュトゥリューデル
ザッハトルテと並んで必ず食べたいウィーンのケーキの一つです。
小麦粉生地をシーツのように大きく薄く伸ばし、生のリンゴを巻いて焼いたもの。
d0006467_18410454.jpg
d0006467_18405257.jpg


「美術史美術館」と公園を挟んで向かい合わせに立つのがソックリな「自然史博物館」で、公園の中心にはマリア・テレジアの大きな像が建っています。
d0006467_18421025.jpg


一旦アパートに戻り、夜になってから朝申し込んだ「カールス教会クラシックコンサート」へ出かけました。
d0006467_18451150.jpg
d0006467_18435728.jpg
d0006467_18431435.jpg
d0006467_18434149.jpg
内装の豪華なバロック建築の教会に、天井から大きな球体鏡!直径10mだそう。
客席が写ります。その上にも小さな球体がぶら下がっています。今だけなのか分かりません。
d0006467_18425249.jpg
曲はモーツァルト・レクイエム。疲れていたので眠かったです。









by miko_rinn | 2019-10-20 19:24 | 旅行 ウィーン | Comments(2)

ウィーン旅行 1日目
定演も終わり一段落したので、旅行記を書きたいと思います。
月末からウィーンに行って来ました。
団でウィーンに行っていないのは「私だけ」だったでしょうか。やっとです。


今回は個人旅行、殆どの手配をNetで予約しました。
ウィーンの中心、旧市街を囲むリンクの中にアパート(コンドミニアム)を借り、そこを起点に動きました。
初めはホテルやツアーも検討しましたが、3人ということで部屋の広さが十分ではないのでアパートにしたのでした。


成田空港で両替。1€=¥121,06でした。
Wi-Fiを空港で1台レンタル。

飛行機はANAで申し込みましたが、往きは成田からANAと提携のオーストリア航空、ウィーン直行便です。(なるべく料金の高くない日にちをNetで予約)
帰りは、ANA航空、羽田着 直行便です。


オーストリア航空機内食。プレートは三角です。
豚肉、付け合わせがクネーデル(小麦粉の焼いたの?)、お蕎麦、ウィーンのお菓子 ウェハース『マンナン』
d0006467_11260412.jpg

2回目は軽食、マカロニのトマト煮。焼き菓子。
d0006467_11262321.jpg


ウィーンには夜の6時に着きました。時差は7時間。
予約しておいたお迎えのタクシーで約30分で市内へ。これは楽です。慣れない場所でのチケット購入や出口を探したりしなくて済みます。

アパートはnetで探し、予約しておいた『Gerstner Opera Residence』、オペラ座の隣です。
地下鉄トラム駅に近く、移動にはこれ以上ないくらいの便利な立地です。
1階が有名な「k.u.k ゲルストナー・ペイストリー・ショップ」(王室御用達ケーキ屋さん)で、そこで鍵を貰って、中庭をとおって5階(日本でいう6階)に上がります。

部屋は2部屋続き、とても広く、備品は全て揃っています。
キッチン回り完璧、大きな冷蔵庫、洗濯機、掃除用具、アイロン、食卓テーブル、ソファ、タオル、替えのシーツ、バスタブ、アメニティ、などなど。
室内はシンプル。外の騒音は聞こえません。
d0006467_14432228.jpg
d0006467_14433875.jpg
d0006467_14435131.jpg

着いたときはオペラ座でオペラをやっていました。(アパート目の前)
外のスクリーンは無料で観られます。
数に制限はありますが、椅子も用意されています。
d0006467_11300349.jpg

夜がもったいないので、「シュテファン大聖堂」までお散歩。
アパート前から大聖堂までの「ケルントナー通り」は歩行者専用道路で人々が行きかっています。半数ぐらいは観光客でしょうか。

大聖堂の中でなにかイベントをやっていましたが、前の人達、背が高くて全くなにをやっているのか分かりませんでした。
外観は意外やライトアップなしでした。
d0006467_11250815.jpg

周辺ではテラス席が賑わっています。どこのレストランの前も こういったテーブルが並べられていました。
d0006467_11274598.jpg


外を歩いての第一印象は、背の高い人達だな~でした。190cmくらいはありそうな人が多いです。それから髭を伸ばした男性が多いですね、5日くらい剃らなかったくらいの長さで、引き締まって見えるのかしら、とてもイケメン風です。
美味しそうなアイスクリーム屋さんで好みの味のアイスを買って食べました。




ゆきちゃんは、ゆきちゃん実家のmiluママさんが快くお預かりを引き受けてくださいました。お蔭様で安心して行って来ることが出来ました。
本当に感謝しています。









by miko_rinn | 2019-10-19 18:36 | 旅行 ウィーン | Comments(2)

定期演奏会 
昨日は定期演奏会の本番がありました。第54回になります。
今回はホールが取れずに 平日のコンサートになりました。
指揮者が交代して初めての発表会。
去年勇退された指揮者も見えていました。


プログラム:
ロッシーニ  泥棒かささぎ
ヴィヴァルディ  四季より「冬」
エルガー  弦楽セレナーデ
J.シュトラウスⅡ  ワルツ「春の歌」
         ポルカ「チク・タク」 
         ワルツ「ウィーン気質」
アンコール: 
シュトラウス 「雷と稲妻」



少し時間短めのプログラムで、いつもより15分ほど早く終わりました。

平日とあって、子供さんやお勤め人の方は来られません。
でも曲は楽しんでいただけたようで、ひとまず良かったと思います。
シュトラウスの曲は聴いて楽しいですね。
弾くほうは 忙しいとか 繰り返しが多くて即座に戻る位置が分かりづらいとか、いろいろありますが。

「四季」はソリストが素晴らしい演奏でした。チェロメンバーの娘さんです。

今回はメンバーが減った分、エキストラ数名が助けてくださったことは有難かったです。

帰りは雨でした。











by miko_rinn | 2019-10-18 08:12 | バイオリン | Comments(0)

Prague Cello Quartet
お友達と『プラハ・チェロ・カルテット』の演奏を聴いて来ました。
チェロ4挺の若者アンサンブルです。

お食事をしながら久しぶりの積もったお話の後、初めて行くHakuju・Hallへ向かいました。
300席の小さなホールですが、満席でした。


d0006467_23514680.jpg

<プログラム>
月の光、トルコ行進曲、G線上のアリア、熊蜂の飛行、ユモレスク、モルダウ、ブエノスアイレスの春、天使の復活、リベルタンゴ、地上の天国、
<休憩>
オペラ座の怪人序曲、ミッションインポッシブル、ミザルー、レットイットゴー、ラ・ラ・ランドより美しき生命、イエスタデイ、ボヘミアン・ラプソディフォーリングスローリー、ドントウィーリー、ビーハッピー、ミスターサンドマンチャールダーシュ
アンコール>

***赤太字はリンクします。



曲数多いので、たくさん楽しめました。YouTubeや映画でお馴染みの曲も。
片言の日本語も所々に混ぜてサービスしてくれます。
全員が優秀な経歴の持ち主ですから 音程もハーモニーもテクニックもアレンジも抜群です。チェロの高音はとても美しい。

曲終わりの余韻(拍手を待つ)もシーンとして非常に良い観客でした。

楽譜は紙ではなく、小さなタブレットです。大きな譜面台ではないのが良いですね。













by miko_rinn | 2019-10-08 23:56 | バイオリン | Comments(8)


ちわわと穏やかに日記~
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
最新のコメント
フォロー中のブログ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
画像一覧
以前の記事
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル